ライナスの米国株投資術~高利益企業への長期投資~

ライナスの米国株投資術~高利益企業への長期投資~

NYSE上場米国系企業(の、日本法人)に勤めるライナスの米国株式投資記録。投資方針や成績、雑感など書いていきます。

【寄稿】モトリーフールに「【米国株】Googleの銀行ビジネス参入をどう捉えるか?」が掲載されました!

f:id:guillemet0u0:20190807073109p:plain

 

ライナスです。

 

The Motley Fool Japanに寄稿した記事が掲載されました。

www.motleyfool.co.jp


先月公開された記事でしたが、すっかり忘れていて多忙により、ブログで紹介するのが遅れてしまいました。

 

ライナスが大好きなGoogleが、ライナスが苦手な金融事業に参入するとのことです。これに対する所感は是非記事を読んでみてください。

 

今後もこういったハイテク企業(Amazonは元々ハイテクではないのですが…)が金融業に参入!という流れは強まると思います。と、言うのも、キャッシュレス決済などの流れもあり、また金融業自体ハイテク化していく側面もあり、ビジネス×ハイテク×金融、はなかなか親和性が高いためです。

 

Amazon然り、Google然り、Apple然り…次はMicroSoftでしょうか。ちなみに、MicroSoftだけ〇〇Payをあまり聞きませんが、一応あるらしいですね。PayなのかWalletなのか知りませんが…MicroSoftはやや他社と比べてデバイスに弱いので、スマホ決済を入り口とするには出遅れてしまいそうです。

f:id:guillemet0u0:20191204071302p:plain

docs.microsoft.com

 

今後もGoogle含めたハイテク企業の動向は楽しみですね。どこまで手を広げるのか。どうやってシナジーを働かせるのか、やりすぎてGEのようにならないのか。クソガァァァァァ!! 業績を悪化させることがないのか。とは言え、まだデータ収集も兼ねて、の段階でしょうから目先に踊らず、もうワンステップ先を待つしかないかもしれません。

 

ついでにGoogleと言えば、創業者の一人であるラリー・ペイジ氏が退任しましたね。セルゲイ・ブリン氏も社長を退任するようですね。社長は廃止とのことで。

www.itmedia.co.jp

 

ハイテク企業は先行投資が多い分、CEOの質が問われるケースが多い気がします。例えばCiscoはガートナーから「保守的」との評価を受けて今いたが、CEO交代から再び「先進的な業界のリーダー」と評価されるようになりました。MicroSoftもライセンス販売からサブスク体型やクラウドビジネスなど、時代に合わせたビジネスや課金方法に転換し、大成功を納めています。

 

この金融業参入もさることながら、こちらのCEO交代も注目したいところですね。まだ先の事はわかりませんが、個人的には好感していますꉂꉂ(ˊᗜˋ*)

 

ではでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

 

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

AWR6株、T13株、KO9株、PFE13株購入しました!+ポートフォリオ更新(2019年12月)

購入ルールに従い、今月はアメリカンステイツウォーター【AWR】6株、AT&T【T】13株、コカ・コーラ【KO】9株、ファイザー【PFE】13株購入しました。

f:id:guillemet0u0:20191204060047p:plain

 

今月は任意銘柄を2銘柄とし、合計約$2,000分購入しています。

【購入ルール】

以下の条件に合致する銘柄を毎月$500ずつ購入する

1.「買付後乖離率」が最も低いもの

2.「月間騰落率」が最も低い(下げている)もの

3. 任意の銘柄

 

 

投資方針は以下の通りです。

guillemet0u0.hateblo.jp

 

【購入前】(月間騰落率は12/2時点)

f:id:guillemet0u0:20191204060413p:plain

 

上記の買付条件で見ますと以下の通り。

1.AWR→月間騰落率が-9.58%と最も下げたため

2.T→買付後乖離率が最も低いため

3.PFE→PF中で奮わないため

4.KO→買付後乖離率が2番目に低いため

※記事更新時点では乖離率2位はVでしたね

 

【購入後】(月間騰落率は12/2時点)

f:id:guillemet0u0:20191204060745p:plain

 

配当利回りは2.59%、YoCは2.87%、実績PERは28.41です。(先月時点で、配当利回りは2.65%、YoCは2.90%、実績PERは26.80でした)。配当利回り↓、YoC↓、PER↑ですね。12月に入ってから株価は奮わないものの、それでも12/4時点では株価は伸びているためこんな感じです。

  

現在の保有銘柄の比率です。

f:id:guillemet0u0:20191204062016p:plain

401kやつみたてNISAで先進国株インデックスや楽天VTIを保有していますが、そちらは除外しています。段々VとMAの乖離率が広がってきたので、ここらで買い増しでしょうか。整ってきています。

 

 

少し文字が小さいですが、新旧セクター比率も今月から追加します。 

f:id:guillemet0u0:20191204062537p:plain

 

どちらも目標比率と比べて大差ないですね。$500ずつ買い増しをしていることと、10月にドカっとリバランスしたことで大分(個人的な)理想に寄せることができてます。

 

SBI証券ポートフォリオ画面です。12月に入ってから上がったり下がったりであるものの、先月比ではリターンは伸びています。これからどうなるかですね。※以下の画像は購入した12/4時点。12/7時点ではマイPF、VTI共に+2%弱上昇中

f:id:guillemet0u0:20191204062310p:plain

 

上記銘柄買付のタイミングでVTIを買っていたら…と言う比較です。

f:id:guillemet0u0:20191204063145p:plain

 

手数料諸々の都合で投入金額に多少誤差があります。ライナスPFは同タイミングに買ったVTIに対して、4ヶ月以上アウトパフォームが続いています。先月は2%差まで縮まっていましたが、3.5%差になりましたね。

  

配当を考慮したリターンは以下の通りです。

f:id:guillemet0u0:20191204065614p:plain



(12/4朝時点)

ライナスPF:+12.53%(先月比+2.33%)

VTI:+8.52%(先月比+0.67%)

 

上記数字は税引き前含み益+税引き後(外国税額控除適用前)の配当を考慮したリターンです。つまり配当に関しては源泉徴収で受け取った金額そのままで計算しています。

 

配当込で見ると4%近い差がついています。12/2、12/3と二日連続下落後に拾った数値なので、VTIはやや元気がないですね。11月末時点では、ライナスPFは先月比+3.5%、VTIは先月比+2.2%くらいでした。この記事公開時点では反転しています。

 

(参考12/7時点)

ライナスPF:+14.41%(先月比+4.2%)

VTI:+10.54%(先月比+2.68%)

 

それでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

 

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

配当金受け取り(2019年11月)

f:id:guillemet0u0:20190525141444p:plain

 

すっかり忘れてましたが配当金受け取りの記録です。

オマケで貸株金利も入れておきます。

f:id:guillemet0u0:20191204054931p:plain

 

11月は配当$269.57+貸株金利$0.84で合計$270.41のインカム収入でした。

 

11月末時点の保有株数と配当利回り、現時点のYoCは以下の通りです。

f:id:guillemet0u0:20191204055253p:plain

 

11月は多いですね!ABBVやBTI、Tなどの高配当銘柄が多い上に、配当銘柄の保有金額もそこそこ多めなので2-5-8-11は受け取れる配当が多いようです。Tも絶賛買い増し中で今後も配当に期待したいところではありますが、ABBVやTなど債務たっぷりなある意味「危険」な銘柄も多い…ですねꉂꉂ(ˊᗜˋ*)

 

それでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

 

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

まさかの銘柄…!?12月に買い増す銘柄が決定!

f:id:guillemet0u0:20191130172725j:plain

 

ライナスです。

 

 

早いもので、もう月末です。来月は12月なので2019年定期買い増し最後の月になりますね。 つまり!2019年で買う最後の銘柄たちになるわけです!!

 

いつも通り買い増し対象をチェックしておきましょう。基本的には1~3銘柄の買付です。それぞれ約$500ずつ。月間騰落率で最も下がった銘柄、組入れ割合が最も低い銘柄、そして感覚的に買いたい銘柄です。被ることもあります。

guillemet0u0.hateblo.jp

 

今月も若干キャッシュのダブつきがありますので、通常より多めに入金したいと思います。ここ最近すっかり「毎月$2,000」になりつつありますね。そのうち$1,500に戻しますよ、多分ꉂꉂ(ˊᗜˋ*) 

 11/30時点のデータです。

f:id:guillemet0u0:20191130173306p:plain

 

 

月間騰落率が最も低い銘柄はAWR!

組入れ比率が最も小さい銘柄はT!

感覚的に買いたい銘柄はKOとPFE!

 

 またTか!!

 

そしてAWRか!!!

 

guillemet0u0.hateblo.jp

 

↑この記事書いた11月上旬時点では、AWRは1年リターン、半年リターンではポートフォリオ中トップで3年リターンもMAに次ぐ2位と言う、超優等生銘柄でした。手持ち銘柄の中でも素晴らしい上昇率だったので、しばらく買えんなぁ…と思っていましたが…まさかこの銘柄を買い増すことになろうとは!!

 

ちなみに月間騰落率は奮わないAWRではありますが、今なお+21.17%と言う優秀さです。Tは組入れ比率を大きく上げたことで買い増し対象となりましたね。諸々の懸念もある上、株価も大分上がってしまってるのでちょっと気が引けますが、まぁ仕方ないです。

 

KOは組入れ乖離率僅差でワースト2と言うことで、こちらも買っておこうかなと。最後は奮わないPFEと乖離率大きめのPGで迷いましたが、乖離率はそのうち解消するでしょうしいいかな?ということでPFEをチョイス。

 

 

ということで、12月はAWRを6株で、Tを13株、KOを9株、PFEを13株でそれぞれ約$500、合計$2,000分買い増そうと思います。タイミングは不明ですが無事購入したらまたポートフォリオ記事を更新していきます!!

 

 

それでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

  

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

【投資家オフ会】もニキを囲む会!(11/27)レポ!

f:id:guillemet0u0:20191130142528j:plain

 

ライナスです。

 

先日開催されたオフ会レポになります。サムネに適した画像が無かったので、ライナスのかっこいいサイン入り(笑)の手描きサムネイルです。雑くてごめんなさい。サインは初公開なので(適当に考えた)許してください。何でもしま(ry

 

【参加者】

(主催)のり1128 (@noriyusaku1128) | Twitter

(主賓)もみあげ🇺🇸 米国株投資 (@momiage0088) | Twitter

リョウ@攻めるFP→お金は自由と幸せへのツール←3年で社畜からの脱却を目指して (@10Ryo22) | Twitter

SOSEKI (@kazkazkazuu) | Twitter

つきしろ@投資×闇鍋系 (@777Tsukishiro) | Twitter

りーまん🍶埼玉新米大家🇺🇸日米株🇯🇵 (@Lehman1980) | Twitter

時雨@カラオケで歌い狂いたい🎶🎤✨ (@shig645_toushi) | Twitter

 

それとライナスの計8人。なかなかの大所帯です。

ちなみに時雨氏とは10日ぶりでしたꉂꉂ(ˊᗜˋ*)ww

 

【1次会】

「きさらぎ 川崎店」で3時間飲み。先日投稿した記事の茶色の着物で行きました。もちろん仮面も装着!写真撮ってもらいましたヾ(*>ω<*)ノ

 

 

もニキには「ライナス、なんで顔出さんの?仮面外した方が人気出んじゃね?」と言われましたが…お互い様だぞー!!ꉂꉂ(ˊᗜˋ*)

 

序盤・自己紹介と投資家トーク

簡単な自己紹介と…所々脱線しながらも、投資の話がメインでした。今回新鮮だったのは、参加者の投資対象の幅広かったことですね。

 

ライナスが参加してきた今までの投資家オフと言うと「株式投資家」メインでした。そしてどっちかと言えばライナスが投資ベテラン寄り(一応投資歴10年なので…)というもの。きしやんや夢見パパなど更なるベテランもいましたが、それでもやっぱり株の話が中心でした。

 

しかし今回は株式投資家はもちろん、不動産投資家やコモディティ含め、面白い投資対象や投資戦略をお持ちの方もいました。レバの有無(不動産投資でノーレバはまぁ少ないでしょうし)も含め、ダイバーシティに富んだ投資家オフ会でしたね。

 

面白い話もいろいろ聞けたのですが、個々の話を細かく書いてしまうと「その人と話す旨味」が減りかねないの辞めておきます。体験談というものは本人の熱意と共に聞いた方が100倍面白いですからね。SOSEKI氏とりょう氏は平凡なライナスからしたら結構ぶっ飛んでいましたけどꉂꉂ(ˊᗜˋ*)

 

中盤・考え方のディープダイブ

投資トークが一巡してからは個々の考え方の話が中心でしたでしょうか。投資への向き合い方、思想、思考や性格的な話(負けず嫌いだったり柔和だったり多角的視点だったり云々)、だったり、まぁ雑多ながらも学びのあるトークになりました。

 

ライナスは今回珍しく、終始大人しいので心配になる(Byもニキ)でしたが、ちゃんと弁えてのことですよ。普段のオフ会はライナス主催だったり、個別の集まりで概ね参加者のスタンスは対等です。

 

しかし今回は「帰国中のもニキを囲む会」なので、もニキが主役の一人であり、参加者は主にもニキと話したくて集まってるわけですね!ライナスはもニキとしばしば話してますし、過去もオフしたことがあるので、そこは初参加の方に譲るべきでしょう。いわば正妻の余裕と言うやつですꉂꉂ(ˊᗜˋ*)

 

終盤

もニキが酔っ払ってました

 

【2次会】

SOSEKI氏はお仕事により一次会の途中で、のり氏とりょう氏は翌日お仕事もあり一次会で離脱(と言うかそれが普通なんだよ!!)。翌日休みのもニキ、時雨氏、つっきーさん、りーまん氏の5人でカラオケへ。ライナスが良く行くカラオケマックですね。

 

もニキは翌日の事もあり途中離脱しましたが、残った4人は朝までたっぷり徹夜カラオケでした!みんな元気すぎるやろ!!ꉂꉂ(ˊᗜˋ*)ライナスは何度か力尽きて、マントにうずくまってましたわ…

f:id:guillemet0u0:20191130145750p:plain

皆気を使ってツイッターにはあげないでおいてくれた「あんころもち」状態のライナス。頭が右側にあるのは分かるけど、足どうなってんだコレ…(;´Д`)何気にりーまんさん最年長なのに終始余裕そうでしたな。凄まじい体力…

 

とりあえずつっきーさんが歌めっちゃ上手いし可愛いしで

 

惚れました😍

すまんもにき…ワイはノンケになる…

 

とにかく平日夜からぶっ通しで遊びまくって、タメになるし楽しいしで素晴らしい時間を過ごせました。コレも企画してくれたのりさんともニキの人望故ですね!

 

最後に…参加者からのライナスの印象は「王子」「あんころもち」「常識人」だそうです。

 

 

 

 

総括すると「常識あるあんころもち王子」ですかね!ꉂꉂ(ˊᗜˋ*)

 

P.S.遊びまくったツケで金曜日は8時~0時の16時間勤務頑張りました(:3_ヽ)_

 

ではでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

 

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

【寄稿】モトリーフールに「米国株】高収益企業ポートフォリオ17銘柄の騰落率を整理する」が掲載されました!

f:id:guillemet0u0:20190807073109p:plain

 

ライナスです。

 

The Motley Fool Japanに寄稿した記事が掲載されました。

www.motleyfool.co.jp


この記事は元々個人ブログで書こうと思っていたんですが、記事中にもある通り寄稿を始めた最初の記事がPF紹介だったのに、それ以降PFについて触れる機会もなかったので寄稿記事にしました。

 

読者さんの中にはライナスのPFに興味はなく、素直に投資知識や銘柄分析だけ欲しい人もいるとは思うのですが、逆に「他の人が何を考えてその銘柄を持っているのか」「他の人はどんな銘柄でPFを作り、結果どうだったのか」 を気にされる方もいると思います。

 

ライナスは今でこそ保有銘柄と買い方が安定してきたので、他の人のPFは「へぇー」くらいにしか思いませんが、投資を始めたばかりの頃は人のPFを漁りまくってました。保有理由も漁りまくってました。

 

と、言うのも、銘柄分析を見ても良くわからなかったからですねꉂꉂ(ˊᗜˋ*)良い悪いくらいはわかりますけど、それがどう株価に反映されるのかよくわかっていなかったので、イマイチ判断しかねる、という状態だったからです。

 

こんなバックテストすれば済むような記事だけ読んで投資方針を決めてほしくはないのですが、他の情報と合わせて一つの参考になればいいな、と思います。

 

ちなみに、寄稿記事を書いたころはAWRがかなり強かったですが、それから1ヶ月もせず、リスクオンムードの現在(執筆日である11/24)はAAPLとMSFTが強いです。個別株は騰落がコロコロ変わるので、なかなか記事にするタイミングが難しいですね(;´Д`)

 

 

ではでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

 

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

【寄稿】モトリーフールに「【米国株】クラウド事業と成長率の注意点」が掲載されました!

f:id:guillemet0u0:20190807073109p:plain

 

ライナスです。

 

The Motley Fool Japanに寄稿した記事が掲載されました。

www.motleyfool.co.jp


実はこの記事はエンジニア的には頷ける内容でありながらも、投資家的には判断が難しいところだったのではないかな…と思っています。

 

というのも、SEからすればOracleのように「顧客を獲得し、他に乗り換えにくいワイドモートさを築き上げてからソフトウェアライセンスをドンドン値上げしていく」「Oracleクラウドで使えばオトク」と言う2つの選択肢のどちらかを(実質)迫られることはすごく迷惑なわけです。

 

しかし、投資家からすればソフトウェアを他ベンダーのクラウドで使おうするとラインセンス収益が上がり、それを嫌って自社のクラウドの顧客が増えれば、それはそれで利益率も高く、良いビジネスになります。

 

ただ、ライナスが懸念しているのは景気が傾いたり、サブスク型のSaaS活用で自社向けアプリケーションの活用が減った場合(つまり企業のITへの投資の形が変わった時)「力のないシステムエンジニアは淘汰される」わけです。

 

そして「力のあるシステムエンジニア」は特定のソフトウェアに頼らずとも、どんどん新しい技術や知識を身に着け、より時代に最適化された開発をしていくことができます。

 

こうした、コストが高くIT投資にネガティブな時期には嫌気され、過去の遺産(コードや全盛期の技術)にしがみ付く人たちにだけ需要がある製品になるとしたら、そこからの客離れは必至です。Oracleは今のやり方で未来があるのか個人的には疑問ですね。

 

 

また、IBMのような運用やコンサル、政治で…と言うのも時代に逆行しています。今やクラウドパブリッククラウドにせよプライベートクラウドにせよハイブリットクラウドにせよ、運用の集約化により不必要な人的リソースを減らし、コストをIT資源に集中するように動いています。

 

様々なソフトウェア・デファインド…例えばHCI、SDS、SD-WANなどの製品が登場、進化する中で、多くの製品、サービスは合理的なコスト・品質・信頼性が求められています

 

Azureもソフトウェアの頼る部分が大きいものの、こちらは過去の遺産に頼るエンジニアを縛るというより、ビジネスにおける利便性の観点から選ばれる部分も大きいので判断はやや難しいところですね。

 

ホルダー故の贔屓があるかもしれませんが、MSFTの場合は今現在と言うより、自分にとって代わるかもしれない競合が登場した後の動きが重要になりそうです。

 

 

ではでは今日はこの辺で。

明日も大吉☆(。>ω<)b

 

応援ありがとうございます。
励みになります!╭( ・ㅂ・)و
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ